不動産売却の手数料

住み替えによる不動産売却の様々な手数料

記事のイメージ画像

家を売却する理由で一番多いのが住み替えです。子供ができたので広い家に引っ越したい、転職したので会社の近くに引っ越したいなどが主な理由です。家を売ったり買ったりすると様々な諸経費がかかるので、そのことを念頭に置いておくことが大切です。

売買契約が成立したら支払う仲介手数料

住み替えのために家を売ろうと思ったら、必要になるものを揃えておくことが大切です。印鑑、物件状況確認書、不動産権利証などが必要なものです。そのほかに、正式に売却が成立したら、様々な手数料や税金も必要になります。不動産の査定から売却までは、普通不動産会社に依頼して行います。不動産会社と媒介契約をして家が売れたら、仲介手数料が必要です。仲介手数料は不動産会社に収める手数料で、家の売却価格×3%+6万円が目安です。また、売買契約書に貼る印紙税も必要です。一般的な家であれば、印紙税は1万円~2万円が相場です。

不動産売却で発生する可能性のある費用

購入したときよりも高く家が売れた場合は、所得税や住民税がかかります。所得税は、利益が出た分に課税される税金です。例えば1000万円で購入した家が1200万円で売却できた場合、利益分の200万円が課税対象となります。よっぽど魅力的な土地でない限り、購入したときよりも高く売れることはないですが、一応覚えておくことをお勧めします。まだ住宅ローンが残っている場合、金融機関に残金を払って抵当権を抹消してもらう必要があります。さらに、家を購入した新しい持ち主に所有権を移転するための登記費用や登録免許税も必要です。

売却と同時に新しい家探しをする

無事に不動産売却が終わったら、今度は住み替えのための新居探しをする必要があります。スムーズに住み替えをするために、不動産売却活動と並行して、良さそうな家をネットやチラシで探しておくのがお勧めです。新築マンションなどは、購入申し込み時に申し込み証拠金が必要です。また、売買契約をするときには手付金などの頭金が必要になります。最近は頭金0円のマンションや一軒家が多いですが、後々の負担を減らしたいなら頭金はしっかり支払っておくのがお勧めです。住み替えの場合は、家を売って得たお金を頭金にあてることが出来ます。

まとめ

住み替えの場合、家を売ってから買うケースと家を買ってから売るケースがあります。個人の事情によってどちらがいいかは違います。ただ、売却も購入もタイミングが大事なので、住み替えすると決めたら早めに行動に移すことが大切です。

比較ページへのリンク画像