不動産売却した時の確定申告

不動産売却を行う場合の確定申告はどういうものか

不動産売却を行っていくことで譲渡所得が発生していくようになります。居住年数によっても変わっていきますが、発生した利益により譲渡所得税を確定申告時に申請していく必要が発生していきます。取引先を選ぶ場合には、税務面に長けた業者を選んでいくことが大切です。

不動産売却には譲渡所得税が発生していきます

不動産売却を実践していく場合には、譲渡所得税が発生していくようになります。自分の物件を売却していくには、様々な事情が発生していくものですが、どのような事情であっても、利益を手元に残したいと考えるものでしょう。不動産売却を円滑に進め、自分の手元に残していくには、売却を行っていく段階で、税金を上乗せした金額での売却を進めることが出来るように進める必要があります。売却先を探す場合には、一括査定サイト等を活用して決めていくことも多いでしょうが、その際には、売却後に発生する税務面も考慮にいれておくことも大切です。多くの査定をもとに、税金も考慮に入れた売却先を探していきましょう。

所有期間が10年以上の場合には税金が軽減されます

売却を行っていく物件の所有期間が10年以上の場合には、譲渡所得の課税が軽減されていくようになります。売却対象の不動産の登記事項証明書が必要になっていきますが、売却金額に従って10%から15%の軽減が適用されていくようになります。長くに渡って居住した不動産の物件の場合には、軽減税率が適用され、ある程度の税金の控除が発生していくようになります。売却後に引越し等の予定がある場合には、少しでも多くの現金を手元に残したいと考えるのが実情でしょう。軽減税率を活用して、なるべく多くの現金を手元に残していくように心がけましょう。不動産のような高額物件の場合には、税金も同様に高額になります。多少の軽減でも大きく変わっていきますから、軽減税率を有効に活用していきましょう。

確定申告の流れについては税理士に相談を

不動産売却を行った際の税務処理については、信頼できる税理士に相談をしていくのが良いでしょう。譲渡所得税といえども、なるべく少ない支出で抑えたいと考えるのが普通です。税務処理をスムーズに済ませていくにも、信頼できる税理士に依頼をして、確定申告に必要な書類や提出の流れについて相談をしていくのが良いでしょう。不動産の取引は長い取引になりがちです。思うような買い手がつかずに、実際の売却価格を下げていくことも有り得るはずです。譲渡所得税の制度は損失が発生した場合には適用されないようになっています。自分が払う税金を少しでも少なく抑えるためにも、信頼できる税理士に相談を行い、確定申告をスムーズに行っていくよううにしましょう。自分でも申告は可能になっていきますが、信頼できる税理士に相談をするのが確実です。

まとめ

不動産売却には譲渡所得税が伴っていくようになります。居住年数や売却後の利益の有無によって変わっていきますが、どのような場合でも、可能な限り税務処理を軽減させていきたいと考えるのが普通でしょう。場合によっては信頼できる税理士を探すことも大切です。

比較ページへのリンク画像